FXで海外の業者を選ぶポイント

   2021/09/21

最近ではFXで国内だけでなく海外の業者のサービスが注目され、レバレッジが高くて追証なしのためトレーダーに人気です。
レバレッジは少ない資金でも当たれば大きく利益を出せ、新規口座開設ボーナスがあれば未入金でも始めることができます。
海外の業者はスプレッドが広く取引コストがかかることや、信託保全ではなく分別管理などデメリットもあります。

しかし、追証なしのゼロカットシステムがあれば入金額以上の損失がなく、安心してトレードができることが魅力です。
海外の業者は国内とはシステムが異なり、英語が使えないと利用しにくいこともあります。ただし、近年では日本語対応も充実し、現地の日本人スタッフが問い合わせに対応してもらえて疑問があれば気軽に質問しやすいです。

FXは値動きをうまく見極めると利益を出せ、使用する取引ツールを確かめて選ぶと有意義に使えます。

FXは様々な稼ぎ方がありますが、スワップ金利を狙う両建てはマイナーな通貨を扱う業者を探すと可能です。
ただし、海外の業者は両建てを禁止する傾向があり、違反すると出金拒否や利用停止などの処分を受けます。
また、スキャルピングトレードをすると短期間で多くの利益を出せることもあり、なるべくスプレッドを狭くすると効果的です。

スプレッドは同じ業者でも口座タイプによって異なり、常に変動するため最新の動向を確かめてトレードをする必要があります。
ちなみに、海外の業者は複数の口座タイプを設定し、通常とECNがありスプレッドやボーナスの有無などのサービス内容が異なることが特徴です。

また、海外の業者はNDD方式でトレードを行い、ディーラーに操作されずに決められて利益を確実に出して約定力が高いですがその代わりにスプレッドを広く設定しています。

FXで海外の業者を選ぶ時は取り扱う通貨ペア数やスプレッドなどを確かめ、新規口座開設や入金などのボーナスがあれば積極的に利用すると便利です。

ただし、ボーナスはあくまでも有効証拠金の一部になりそのまま出金することはできないため、トレードの資金として使って利益を出すことが求められます。

このため、高いレバレッジで一獲千金を狙う方法もあり、大胆に勝負できることが海外の業者の真骨頂です。
また、現金よりも仮想通貨やクレジットカードを使うと入金までの時間が短く、すぐに利益を出せるようになります。

以上のように、海外の業者を選ぶ時は様々な項目を確かめ、国内とは違ったトレードをすると効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket