ネットビジネスと特商法の重要性

   2021/08/06

ネットビジネス自体は最近はかなり多くの人が自分もやってみたいと思うようになってきました。
ですが、だからといってネットビジネスを実際に利用しようと思った時にはまだまだネットビジネスに対して不信感がある人は多いです。

なのでそのような人も安心してネットビジネスを利用できるようにするためにも特商法という法律があります。
特商法とは特定商取引法の事でこれで自分が利用しようと思っているネットビジネスのサービスが怪しいか健全か分かります。

これからそのネットビジネスをやってみたいと思った時にそのネットビジネスで特商法に基づいて記載されている情報をしっかり精査する事が大事です。中にはそのネットビジネスについて特商法に基づく記載があるという理由だけでそれで安心する人もいるかもしれないです。

ですが、それだけで安心してはいけないです。
なぜなら、いくら特商法に基づいた記載があってもその情報自体が信頼できない事があるからです。例えば特商法に基づいて記載されている住所や電話番号が怪しいという事があるからです。

そのようなことがあるので気になったネットビジネスがあった時にそのネットビジネスについて住所や電話番号の記載が特商法に基づいてあったとしてもそれだけで済ませない事が重要です。

その住所や電話番号が怪しいという事がなければそのネットビジネスはある程度信頼できる事になります。
中にはその住所や電話番号を調べる事を面倒に感じる人もいるかもしれないです。

ですが、実際はそこまで難しい事はなく簡単に住所や電話番号を調べる事で怪しいか怪しくないかもすぐに分かります。

ネットビジネスをやりたいと思ってもなかなか怪しいと思ってしまって踏み出せない人もいますが、そこまで神経質になる事はないです。

まずはしっかりそのネットビジネスの特商法に基づく記載をしっかり見る事が大事になります。
なかなかそこまでしっかり見るという事をしない人が多いですが、しっかりそこに記載されている住所や電話番号を見て
怪しさを感じないかどうかの見極めが大事です。

その見極めができていればそのネットビジネスが怪しいか怪しくないかも簡単に分かるようになります。

特商法に関する記載があるからといってそれだけで安心しないでまずはしっかりその記載が信用できるかを自分なりに調べるのが大事です。

大事なのは自分でその情報が信用できるかを確かめる事なのでそこはしっかり調べないといけないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket